2021年12月1日現在
197,991人
のサービス介助士が全国で活躍中!

小松短期大学/石川県

ホスピタリティマインドあふれる社会人に!
学生時代にサービス介助士を学ぶ
…サービス業の現場で活躍する卒業生に聞く…

小松短期大学でサービス介助士の学びを導入

石川県にある小松短期大学では、2006年から地域創造学科航空ビジネスステージの推奨資格としてサービス介助士の教習を開催している。サービス介助士の学びを導入した理由として、同大学の柳原守准教授は次のように述べている。

「北國新聞に『JALが日本の各空港にサービス介助士の資格を持った職員を配置する』という記事を学生が見つけ、『この資格を取りたい!』と学生から申し出があり、日本ケアフィットサービス協会様から小松短期大学まで説明に来ていただきました。説明を聞き、多数の学生から受講希望があり、講座を開講することになりました。

就職活動を始める前の10月頃にサービス介助士の実技教習を実施しているので、学生たちは資格取得により自信を持って就職活動ができているようです」

実技教習

実技教習

同大学での2008年10月末現在のサービス介助士取得者数は、計51名に達している。サービス介助士を取得した学生は、同大学を卒業後、航空会社、ホテル、旅行会社、鉄道会社、デパート、IT企業、製造業、自動車販売など、サービス業の現場で活躍している。

柳原准教授から学生へメッセージ

小松短期大学の航空ビジネスステージでは、サービス介助士の資格をはじめとしてさまざまな資格を取得し、空のサービスのプロを目指しています。羽田空港や小松空港、富山空港などで卒業生ががんばっています。一緒に勉強して夢を実現しましょう。

小松短期大学URL:http://www.komatsu-c.ac.jp/

サービス業の現場で活躍する小松短期大学卒業生

小松短期大学在学中にサービス介助士の資格を取得し、現在サービス業の現場で活躍している卒業生4名に話をうかがった。

株式会社JALグランドサポート羽田 Yさん

Yさん

業務内容:羽田空港にて、日本航空の出発手荷物カウンター業務および到着業務。車いすのケアなど

サービス介助士資格を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

これからの高齢社会化に伴い、お手伝いを必要とされる方の役に立ちたく、また、自分自身の夢に近づけると思い、取得しようと思いました。

サービス介助士の実技教習を受けた時の感想をお聞かせください。

見ているのと実際にやってみるのとは違い、車いすの使い方が難しく、とても神経を使いました。また、車いすに乗ってみて、ちょっとした段差でもつまずき、案内される時は声かけがどんなに大切かなど初めて知ることが多かったです。

サービス介助士の資格は就職活動に効果的な資格でしたか?

羽田空港では、高齢な方や体の不自由な方など、いろいろなケアを必要とされるお客様がたくさんいらっしゃいます。この資格によって得た知識と技能を十分に活かすことができ、とても有利なことになると思います。

サービス介助士の学びはどのような場面で現在の仕事に活かされていますか?

仕事上、車いすを利用される方のお手伝いをするので、ケースバイケースに柔軟な対応ができ、コミュニケーション力など学んだこと一つ一つが、実践に活かせています。

これから就職する学生の皆さんへのメッセージ

日常生活や仕事にも、お手伝いを必要とされる方がいます。「少しでも役に立ちたい」という気持ちだけでは判断しかねることもあるのですが、サービス介助士の資格を勉強する上で即戦力になるものを得られると思います。

私はサービス介助士を学んだことによって、人との関わり合い方が大きく変わりました。この学びを活かすことによって、自分自身の活役の場が広がると思います。


ホテルサンルート小松 Tさん

Tさん

業務内容:ホテルフロント業務

サービス介助士資格を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

サービス業に就くにあたり、より役立つ資格を取得したいと考えていたところ、短期大学でサービス介助士2級の資格取得の募集があり、興味がわいたので受けてみようと思ったのがきっかけです。

サービス介助士の実技教習を受けた時の感想をお聞かせください。

私は実際に車いすに人を座らせて動かしたこともなく、初めて車いすを動かすことを体験したので不安だったのですが、インストラクターの方々の実演等でわかりやすく指導していただき、よく理解することができました。また、自分が座ってみて座っている人がどんな視点で、どんな気持ちでいるのか知ることができました。インストラクターの方々が明るく、教習は楽しかったのが印象的です。

高齢者疑似体験では、以前は高齢者を見かけると立ち上がることも文章を読むことも大変なんだろうと思うことはありましたが、実際にこの体験するまでこんなにも辛い思いをしているとは思いませんでした。電話のボタンを押すことも階段を上り下りすることもひと苦労で、体験してみないとわからないことことだと改めて思いました。

サービス介助士の資格は就職活動に効果的な資格でしたか?

就職の面接時に、サービス介助士の資格について関心を持っていただけたようで、「サービス業でも介助できることは必要である」ということや、自分自身をアピールでき、とてもよい資格だと思いました。

サービス介助士の学びはどのような場面で現在の仕事に活かされていますか?

日常業務をしていて、車いすをご利用のお客様をお部屋までご案内する時や、高齢の方のロビーからお部屋までの行き来をお手伝いしている時に、学んだ知識や技術が活かされているので、本当に学んで良かったと思います。


富山地鉄サービス株式会社 Dさん

Dさん

業務内容:ANA富山空港にて、搭乗手続き業務・発券業務・出発業務・到着業務など

サービス介助士資格を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

小松短期大学在学中に、サービス介助士の講座があり、就職活動や将来の仕事に役立てばと思い、資格を取得しました。

サービス介助士の実技教習を受けた時の感想をお聞かせください。

実技教習では、実際にご高齢の方側とお手伝いする側との両方の立場を経験でき、双方から物ごとを捉えることができ、貴重な経験でした。

高齢者疑似体験では、体に重りを付けたり、白内障の方の疑似体験をし、体を自由に動かせないことの大変さを実感することができました。実際に自分自身で経験することで、お手伝いする側として相手が何をして欲しいのかが少しわかるようになったと思います。

サービス介助士の学びはどのような場面で現在の仕事に活かされていますか?

車いすを使用されるお客様へ、少しでも安心できるようにお声がけを多くしたり、目線を合わせたりと、小さなことかもしれませんが、自分が実際にされて安心できたことを実践に移しています。


富山地鉄サービス株式会社 Yさん

Yさん

業務内容:業務内容:ANA富山空港にて、搭乗手続き業務、航空券発券業務、搭乗ゲート業務、到着ゲート業務など

サービス介助士資格を取得しようと思ったきっかけは何ですか?

小松短期大学1年生の時に資格を取得しました。在学中にいろんな資格を取得したいと思っていて、就職活動や就職してからも役に立つと思ったからです。

サービス介助士の実技教習を受けた時の感想をお聞かせください。

実技教習を受講する際、同じ科の2年生と合同だったので、一緒に車いすの練習や講習の最後に劇(ロールプレイ)などをし、それを機に交流が深まりました。

特に高齢者疑似体験では、足首、手首に重りを付け、白内障の方の視力を実際に体験できる眼鏡を付け、廊下を歩き回ったり、段差を歩いたり、自動販売機でジュースを買ったりしましたが、体が思う通りに動かないので1人で動き回るのがとても困難だと思いました。

サービス介助士の学びはどのような場面で現在の仕事に活かされていますか?

車いすを希望されるお客様がいらっしゃる時には、空港内や飛行機の側までお手伝いします。その際に実技教習で練習した坂道や段差の押し方を思い出しています。また、無言で車いすを押すパターンとお話をしながらするパターンを体験した時に、無言のまま車いすに乗っているのはとても不安だったので、お客様に不安を与えないようにお声がけしています。

これから就職する学生の皆さんへメッセージ

私は幼い頃から空港で働くことが夢で、そのために自分なりに努力をしてきました。諦めようと思った時期もありましたが、サービス介助士など就職してからも役に立つ資格を取得し、自分の自信になるものを増やして就職活動に挑んで欲しいと思います。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-0610-64

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

公益財団法人
日本ケアフィット共育機構

【東京】
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-2-6 三崎町石川ビル2階
TEL:03-6261-2333(フリーダイヤル 0120-0610-64)【土日祝日除く9:30-17:00】
FAX:03-6261-2334MAP

【大阪】
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋5F・6F
TEL:06-6251-6101【土日祝日除く9:30-17:00】
FAX:06-6251-6102MAP

このページの先頭へ