職員紹介(研修担当)

研修担当 冨樫 正義(中途8年目)

冨樫さん

入構のきっかけ

前職では専門学校の講師をしていました。
ある日学生が受講していたサービス介助士資格に興味を持って、自ら受講してみました。
その時参加した実技教習で、介助する立場はもちろんのこと、介助される立場を体験し、身をもって相手の立場になることの大切さを実感しました。
この経験から、サービス介助士を取得した人が世の中に増えれば、もっと優しい世の中になると確信し、多くの人に受講して欲しいという思いから、先ずインストラクターとして活動すべく、インストラクター養成講座を受講し、その後縁あって入構しました。
現在はサービス介助士の他にも認知症介助士、防災介助士のインストラクターとしても働いています。

仕事の内容 やりがいや大変なこと

インストラクターとして、資格取得講座はもちろんのこと、企業研修や講演会で、年間に数百人の人との触れ合いがあります。
講座後に受講生から、「明日から何かお困りの方がいらっしゃったら、積極的にお声かけします。」と言ってもらった時は、間接的ながら、誰かの役に立つ仕事が出来たと実感する瞬間であり、やりがいを感じる瞬間でもあります。
一方で毎日のように、講座がありますので、体調管理や常に新しい知識を身につけて行く必要があるので、そこが大変である一方、やはりやりがいでもあります。

冨樫さん

こんな人と働きたい

私たちは一日の多くの時間を、一生の多くの時間を仕事に費やします。
その貴重な時間を無駄にせずに楽しめる人、つまり仕事を心から楽しめる人と一緒に働きたいですね。
仕事を大切にする人は人生を大切にする人ではないかなと思います。
また、私たちのビジョンである「誰もが誰かのため、共に生きる社会」に共感してくれると嬉しいです。
人には年齢や性別、障がいの有無等に関わらず社会で活躍できるステージがあると思います。
その環境を作るために、学ぶ場や活躍する場を作る必要があり、そのための様々な仕事があります。
ビジョンに共感し、それを達成するため、どんな仕事でも積極的に仕事に取り組める人、お待ちしています!

休日の過ごし方

休みの日は出かけることが多く、お店の人のおもてなしが勉強にもなっています。

冨樫さん

このページの先頭へ