資格取得(法人)

こころと技術で社会に貢献する資格 - 気づき、見守り、行動する -

介助士が社会で求められている理由とは

高齢者人口が3200万人を超え、700万人以上の障がいのある方が暮らす現代では、ハード面におけるバリアフリー化のみでは対応しきれない多様性が広がっています。そのような社会において、いつでも人に寄り添い、必要とされるお手伝いのできる人材が求められています。


サービス介助士
コミュニケーション能力の向上と介助技術を実践する

サービス介助士は、障害の有無や年齢に関わらず、誰にでも分け隔てなく“そっと、さっと、あんしんを”差し上げることのできる、「おもてなしの心」と「正しい介助技術」のエキスパートです。超高齢社会と共生社会を迎えるため、社会のリーダーとしての姿勢と責任を求められる全国1000社の企業が導入しています。

サービス介助士

サービス介助士


サービス介助基礎検定
コミュニケーション能力の必要性と介助技術の基礎を知る

事前勉強が不要な2時間完結の体験をメインとした検定です。高齢な人や障がいのある人とのコミュニケーションのきっかけとなる新たな気づきを学びます。サービス介助士をリーダーとし、全社でおもてなしとこころのバリアフリーの実践に取り組む企業さまから導入いただいています。

サービス介助基礎検定


防災介助士
自分の命を守り、大切な人の命を守る

災害などの緊急時に企業としてどのように対応し、周囲の人と連携をとるか等の実践方法を学ぶ資格であり、緊急時のBCP(事業継続計画)対策にも役立てることができます。1日の実技教習を通じて応急手当や怪我をされている方の搬送方法などを習得します。日頃から高齢な人や障がいのある人の立場に立って防災に対する意識を高め、緊急時に企業としてのリーダーシップを発揮できるよう、「知る」「守る」「助ける」の技術と知識を学びます。

防災介助士

防災介助士


認知症介助士
認知症の人に寄り添う

認知症についての基礎知識、介助方法、事例、予防法などをお伝えする資格です。
超高齢社会の現代、認知症は誰にでも訪れる可能性があり、お客さまとしてご来店される場合もあります。
また、従業員の皆さまが長く働くことの出来るよう、認知症のご家族との接し方を学んでもらえるような機会として提供することもできます。

認知症介助士

防災介助士


各資格取得講座の専用開催も実施可能です

様々な業種に携わる方から受講いただいている一般開放の実技教習が全国で実施されている他、貴社の会議室などの会場にて専用の実技教習開催も承っております。 支社や部門を超えつつ、同じ学びを共有できる機会となります。 開催スケジュールや費用はお気軽にご相談ください。


資格をアピールしませんか?

  • お客さまへのお知らせ用サインとして
  • 社内の接客意識向上のツールとして
  • 企業のブランディングの一環として

御社の取組みのPRをお手伝いしております。

各種PR用品


資格取得後の活動
サービス介助士のボランティア / TASKAL

当機構では様々なボランティアを企画・運営しております。
CSR活動、社会貢献活動、従業員の皆さまの余暇活動の一貫として多くの企業さまからご参加いただいております。

TASKAL

TASKAL


主な導入企業

全国1000社13万人の皆さまから資格を導入いただいております。
御社のロゴ掲載/相互リンクもお気軽にご連絡ください。

  • JAL
  • ソラシドエア
  • 羽田空港国際線旅客ターミナル
  • 日本空港ビルデング株式会社
  • JR東日本
  • 西日本旅客鉄道株式会社
  • 東急電鉄
  • 近畿日本鉄道株式会社
  • 阪急電鉄株式会社
  • 阪神電気鉄道
  • 東京都交通局
  • 大阪市交通局
  • 伊丹市交通局
  • トヨタ自動車
  • 京都トヨタ自動車株式会社
  • みずほ銀行
  • 中国銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 京都信用金庫
  • イオン
  • マルイ
  • 三井ガーデンホテルズ
  • 株式会社音羽

お問い合わせ先

ご不明点などがあれば、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

このページの先頭へ