11月1日サービス介助の日特別カンファレンス

11月1日サービス介助の日特別カンファレンス 世界水準の「おもてなし」の話をしよう

世界水準の「おもてなし」の話をしよう

2020を目前に控えた今、誰もが楽しめる日本になっているのか、今から出来ることはあるのか、日本と海外のバリアフリー事情に詳しいお二人にお話し頂き、会場の皆様と真のおもてなしについて話し合います。

開催概要

日時

2018年11月1日(木) 18:00 - 19:30

会場

日本ケアフィット共育機構 東京共育センター3階 東京都千代田区神田三崎町2-2-6
アクセス

その他

会費は無料です。
カンファレンス終了後19:45から懇親会を予定しております。懇親会に参加をご希望の方は1名様500円(お釣りの必要がないようにご用意いただけると幸いです)ご用意ください。

お申込み

ご登壇いただく予定の方々

バリージョシュア氏

グリズデイル・バリージョシュア

アクセシブルジャパン運営者
2007年、日本で職を得て来日、2016年日本国籍を取得。社会福祉法人アゼリーグループに勤務する傍ら、訪日外国障がい者向けの日本観光サイト「アクセシブルジャパン」を運営し、日本を訪れる障がい者向けに情報発信を行う。2017年度シチズンオブザイヤー受賞。


ライラ・カセム氏

ライラ・カセム

グラフィックデザイナー・大学研究員
デザイナーとして通所の障害者福祉施設「綾瀬ひまわり園」を拠点に現場のスタッフと知的障がいのある成人の利用者とアート作品とデザイン商品の制作・開発やワークショップを国内外で企画し、展開している。

このページの先頭へ