公益財団法人 日本ケアフィット共育機構

緊急事態宣言解除後の講座実施につきまして

介助とは?〜3つの介助資格を認定する日本ケアフィット共育機構がご説明〜

“サービス介助士”という言葉を聞くと、“介護”に関する福祉に関連した資格と思われる方もいらっしゃいます。
そのため少し遠い存在に見えますが、超高齢社会の現代、加齢による心身や生活の変化は誰にでも関わることであるばかりでなく、“生活の質/生き方の質”の向上の取組でもあるサービス介助は年齢や障害の有無を越えた、これからの社会に欠かせない考えです。
ここではサービス介助士が考える“介助”や学びの特徴をお伝えします。

介助とは?


障害の社会モデル(共生社会と心のバリアフリー)

2020年を機に共生社会や心のバリアフリーという言葉を様々な場面で見かけるようになりました。
そこで欠かせないのが“障害の社会モデル”という考えです。
ここでは障害の社会モデルが何故必要なのか、サービス介助士との関わりについてもご説明します。

障害の社会モデル


リベル・ケアフィット 〜「気づき」が集う場所〜

このページの先頭へ