ケアフィットファームワイナリー

CONCEPT

Viticulture
〜葡萄栽培法〜

日本の地場品種である甲州とマスカットベーリーAにこだわり、ワインとして様々な可能性を引き出していきたいと考えております。
それに伴い環境に配慮すること殺虫剤の使用を極力控える事、手作業で出来る事は日々、手作業を心掛けています。

Winemaking
〜ワイン醸造〜

自家農園の畑のみの醸造にこだわり酸化防止剤・清澄剤の使用や濾過を極力控え補糖についても出来る限り少なくバランスの良いワイン造りに妥協することなく農産物としてのワイン造りを意識しております。

Philosophy
〜哲学〜

自分たちに合った限度を知り多くを望まない事。山と川、動物、虫たち、花や木々、土、すべての自然をリスペクトし、太陽、雨、風を受け入れて暑さ寒さを実感し、ワイン造りで表現していく事。農のある豊かな暮らしをする事。障害がある人もそうでない人もあらゆる人たちが交じり合いながら、共に生きるインクルーシブな社会を実現する事。

ケアフィットファームワイナリー
マークに込めた思い

CAREFIT FARM WINERYロゴ

2011年からケアフィットの有志が勝沼の農地を再生することを目的に、勝沼の鳥居平にほど近い丘陵地の耕作放棄地を開墾し、葡萄の苗植え、山小屋を建てたことからケアフィットファームがはじまりました。
ケアフィットファームワイナリーのマークには当時のフロンティア精神の思いを込め、鳥居平と山小屋をモチーフにしました。

CAREFIT FARM
CAREFIT FARM
CAREFIT FARM
CAREFIT FARM
CAREFIT FARM
CAREFIT FARM

ケアフィットファームの
ナチュラルワイン

ケアフィットファームでは、あらゆる障害がある方たちと一緒に大地の恵みを感じながら葡萄作りを行っています。
決して大きな農場ではありませんが、土づくりから収穫までを手作業で行います。化学肥料や殺虫剤をできる限り減 らし、出来る限り自然の状態で1年かけて大事に育てます。
成長した葡萄を小さなワイナリーで除梗破砕機を使わずに、利用者の方たちの手で一粒一粒手摘みし、出来る限り葡萄そのものの力を使い自然発酵させ、葡萄本来の甘みを最大限に生かしたワイン作りを目指し、ケアフィットだからできる!心と身体に優しい「ケアフィットのナチュラルワイン」が誕生しました。
自然豊かで実りある地球であることを願い、あらゆる人の笑顔あふれる未来を守るために、自然と共に生き、葡萄を育む大地、勝沼の土地の風土や文化、畑や品種、様々な個性を大切にすることを目的としています。

CAREFIT FARM

2020ナチュラルワイン

味わいは「フィネス」「やさしさ」「エレガント」の表現です。
マスカットベーリーA・甲州とも個性あふれる10種類の仕上がりとなっています。
造り手のこだわりだけでなく、飲み手の場面や雰囲気をイ メージしながら醸造しています。

CAREFIT FARM

ナチュラルワインって何?

一般的に、化学肥料や化学薬品を使っていないワインが自然派ワインと言われています。
葡萄栽培が有機栽培であることや補糖をせずに自然酵母での発酵、亜硫酸を使用しない等です。それらは、ワイン造りの手段に過ぎず、私たちが考えているナチュラルワインは、その土地 の風土や造り手の強いこだわりや、人とのつながりが感じられ、葡萄本来の美味しさを最大限に引き出し、個性あふれるワインを造ることを目的としています。

CAREFIT FARM WINERYのワイン

無添加について

狙い通りのワインを大量生産するために培養酵母を入れ発酵をコントロールする。葡萄本来の味をカバーするために補糖し甘みを出す。品質の安定のためにしっかりろ過をする。亜硫酸を投入することでシャープな酸味やはっきりした味わいにもなり、味わいのコントロールできて、酸化を防ぎ品質保持が出来ます。
一方、天然酵母、野生酵母は扱いが非常に難しくリスクも伴い ますが、葡萄の皮に存在している酵母を使用することで、葡萄の力を引き出すことが出来る。補糖をしないことで、葡萄本来の甘みや味わいをそのまま表現できる。亜硫酸に関しては、人間の身体にとって決して良いものではありません。
リスクを伴ったとしても、大事に育てた葡萄を、できる限り余計なものを使用せず、葡萄の美味しさをそのままワインしたい。
個性あふれるワインにしたい。そんな思いが込められています。

CAREFIT FARM WINERYの作業
CAREFIT FARM WINERYの作業

醸造家プロフィール

中根氏

NAME : 中根拓也
DATA OF BIRTH : 1968年3月22日 BIRTHPLACE : 東京
日本ソムリエ協会 ソムリエ
山梨大学 ワイン科学士

当初、東京六本木の小さなホテル勤務、そこでワインを注いでいるソムリエという職業に憧れを抱き勉強を始める数件のホテル、レストランを渡り歩き銀座ボンシャンにてソムリエの資格を取得。
食は好きであったがハードリカーやカクテル、葉巻 やミネラルウォーターなどソムリエの職業の幅の広さに痛感。
ワインだけに特化したく単身、山梨へ移住してワイン造りを目指し始めたことがきっかけとなり現在にいたる。
当時の日本のワインと海外のワインの品質の差にも痛感し外国にも負けないワイン造りを目指した。

ワイン作りへの思い

大切な家族を守りたいと言う思いから、自然食品にこだわるようになった。そんな中、絶滅危機にある生物や小さな昆虫を守る活動に取り組み、地球環境保全の重要性を感じた。それは、次世代を担う子供達を守ることにも繋がることである。そんな思いから、ワイン作りを通して、自然派ワインに辿りつく。
ワイン作りは、美味しい葡萄作りから始まる。美味しい葡萄作りには、土作りや環境、栽培方法で大きく変わる。できる限り農薬を減らし、身体に優しい葡萄作りにこだわりを持つことは環境保全に繋がる。また、その土地や その年によって葡萄の個性が現れる。そんな葡萄本来の個性を最大限に引き出すために天然酵母・無添加での醸造で表現し、身体に優しいワイン作りを目指したいと思った。
そして、日本の地場品種である甲州葡萄・マスカットベーリーAにこだわり、ワインとしてさまざまな可能性を引き出していきたい。このような思いを込めてワイン作りを行っていきたい。

中根氏
中根氏

2020ヴィンテージ
造り手からのメッセージ

2020年、自家農園のある山梨県甲州市勝沼町等々力・女菱・鏡原地区の甲州種、女菱・菱山・鏡原地区のマスカット・ベーリーA種では、3月22日から25日にかけて水揚げを確認しました。4月から5月は適雨で日照時間にも恵まれ順調に成長して 多収が予想されました。
5月26日には等々力圃場で甲州種の開花を確認しました。6月2日、女菱、鏡原の圃場でマスカット・ベーリーA種、甲州種で開花を確認しました。6月上旬から成熟期にかけた7月に多雨、雨天が続き成熟遅延、べと病の発生もありました。
8月に入ると降雨量は極めて少なく9月上旬まで日照、気温は上々に推移しましたが、6月から7月の曇雨天の影響は大きく、更に8月下旬に晩腐病も見られ、いちじるしく全体的に収穫量は減少したヴィンテージとなりました。
収穫量は大きく減少し糖度も満足の値ではなく補糖も行いましたが、様々なタイプ のワインを造ることができました。手ごたえのある飛躍的なヴィンテージでもありました。
醸造については畑の特徴を最大限引き出したく、一部では天然酵母、酸化防止剤なしで無濾過のアイテムも揃えました。今後もこのような取り組みから農産物として のワインをお届け出来ればと考えております。
自然にやさしいワイン造り、ワインとは切っても切れない食事、その食料が無駄に廃棄されてしまっている現代の日本の食糧問題、農薬問題、全ての生物にやさしい社会、そして当法人の理念でもある「誰もが誰かのために共に生きる社会をめざす」これらの私の思いを次の世代の社会に伝えられるように皆様方にワインを通してお伝えできればと思い、日々考え、行動し、努力していきたいと思います。

ACCESS

〒409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼2561-6 勝沼ワイン村

中央道勝沼ICから20号バイパス甲府方面へ1km進む。
勝沼町下岩崎信号を右折し、1km進む。日川のぶどう橋渡りすぐ右折し、日川沿いに500m進む。
勝沼ワイン村内にケアフィットファームワイナリーがございます。

やまなしグリーン・ゾーン認証

ケアフィットファームワイナリーは、お客様の安心・安全を 提供するやまなしグリーン・ゾーン認証を受けております。

CAREFIT FARM
このページの先頭へ