2017年12月1日現在
148,186人
のサービス介助士が全国で活躍中!

取得の流れ・料金

サービス介助士資格取得までの流れ

お仕事をお持ちの方でも平均2ヶ月で取得されています。

  • 1

    お申し込み

  • 2

    自宅学習テキストで学習

  • 3

    課題提出
    提出課題100問、60点未満は再提出

    お申し込みから課題提出まで6ヶ月以内を目標

  • 4

    実技教習スクーリング

  • 検定試験

    筆記試験50問、70点以上合格
    ※不合格の場合は再試験制度あり(有料)

    お申し込みから検定試験まで12ヶ月以内

  • サービス介助士認定

認定証・認定状授与
検定試験に不合格の場合は修了証授与

サービス介助士認定証

資格の種類・選び方

サービス介助士、サービス介助基礎検定、准サービス介助士

8割以上の方が初学時から
サービス介助士を受講されています。
凡例
:サービス介助士
:サービス介助基礎検定
:准サービス介助士
8割以上の方が選んでいます!
おもてなしと介助のエキスパート
サービス介助士
すぐに応対方法を学びたい方へ
サービス介助基礎検定
在宅で知識を学びたい方へ
准サービス介助士
料金(税込) ¥41,040 ¥5,400 ¥21,600
受講形態 自宅学習+実技2日間 2時間1回(座学と実技) 自宅学習
詳細 サービス介助士 サービス介助基礎検定 准サービス介助士
お申込み サービス介助士のお申込み サービス介助基礎検定のお申込み 准サービス介助士のお申込み

法人・団体の皆さま

法人・団体の皆さまのみによる専用開催も可能です。
会場・日程などはこちらからお問合せください。

迷ったら講座説明会へ

サービス介助士講座説明会

サービス介助士とサービス介助基礎検定はどうやって選んだらいい?

こんな方にはサービス介助士がおすすめです。

  • 交通機関・サービス業など頻繁に高齢や方や障がいのある方と接する方
  • 年齢や障害の有無に関わらず分け隔てない良質なおもてなしを求められている方
  • 現場や職場、チームで介助とおもてなしを牽引する立場にある方

サービス介助基礎検定を取得しなくてもサービス介助士の受講は可能です。

こんな方にはサービス介助基礎検定がおすすめです。

  • 一次応対で高齢な方や障がいのある方と接する方
  • パート・アルバイト勤務の方にも介助の基礎を学んでもらいたい法人様
  • 体験を通して気づきを得たい、様々な人とのコミュニケーションを学びたい方

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-0610-64

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

公益財団法人
日本ケアフィット共育機構

【東京】
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-2-6 三崎町石川ビル2階
TEL:03-6261-2333(フリーダイヤル 0120-0610-64) FAX:03-6261-2334MAP

【大阪】
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋6F
TEL:06-6251-6101 FAX:06-6251-6102MAP

このページの先頭へ