法人で導入をご検討の皆様へ

認知症と共に生きる社会で求められる企業の対応

認知症を共生と予防を車の両輪として取り組みを推進していくために策定された『認知症施策推進大綱』では“認知症バリアフリーの推進”が掲げられました。

交通機関での移動やお買い物、金融機関などでの手続き、施設の利用など、認知症になってからもできる限り住み慣れた地域で普通に暮らし続けていくための障壁を減らしていく「認知症バリアフリー」の取組が推し進められ、企業の商品やサービスが認知症の人にも利用しやすいものへなるよう求められています。

今後は、共交通機関における認知症の人へ接遇ガイドラインが検討されるなど、ハード・ソフト両面から認知症の人が利用しやすいサービスへと進められます。

認知症の人には“案内の表示が分かりにくい”や、“店員の説明が分からない”、“支払いがスムーズにできない”、などの困りごとがあり、認知症の人がよく利用するスーパー、金融機関、調剤薬局、交通機関などで共通するシーンです。
これらの困りごとに対して、フォントや配色に注意された案内制作物や分かりやすい言葉使い、照明や陳列の整備などハード・ソフトから取り組むことができますが、これらの対策は認知症の人のみならず、高齢者など一般の人にとっても利用しやすいサービスとなります。

認知症介助士の学びには、認知症の人への応対やサービスの見直しから、誰もが利用しやすいユニバーサルなサービスへのヒントが数多くあります。

資格取得についてお気軽にご連絡ください

企業・団体単位での導入方法

①オンラインによる実施

インターネット環境があれば受講する皆さまのご都合の良い場所から受講できます。
オンライン上で認知症介助士インストラクターの講義とディスカッションを行います。

所要時間4時間(適宜休憩あり、検定試験なし/資格取得なしの場合)
定員8名〜
受講料16,500円/人(税込) 公式テキスト代含

検定試験をIBT試験(インターネットを経由した試験)で別途受験可能です。

②会場での実施

企業様の研修室や弊機構の会場、その他貸会場などで貴社専用での開催が可能です。
同じ課題感を持った従業員の皆さま同士で応対やサービスについて考えます。

所要時間5時間(お昼を挟む場合は6時間、検定試験あり)
定員8名〜
受講料19,800円/人(税込) 公式テキスト、検定受験、認定料含

日本ケアフィット共育機構が開催する一般開放の日程にご参加も可能です。


資格取得の流れ

①-1 専用開催の場合

実技教習日程含め資格取得までのスケジュールを弊機構法人担当者よりご相談させていただきます。
年度単位でのお申込み・調整も可能です。

①-2 一般開催日程でご参加の場合

機構で設定している一般開放日程にご参加いただきます。
同日日程に複数人参加でなくても可能です。
従業員それぞれの業務日程に合わせてご予約いただけます。
HPに掲載している日程以外にもご用意ある場合がございます。

② 申込フォームご提出

弊機構から御社のご担当者様に宛てて、ご受講される皆様に関する必要な情報をお教えいただくために、申込フォームなどのデータ一式をお送りいたします。

③ 教材発送

テキストの送付先は御社のご担当者様宛、受講者個人宛(その場合でもご自宅の他、ご勤務先への送付も可能です)どちらも選択可能です。
課題の提出につきましても、ご担当者でお取りまとめいただき一括してご送付いただく形、または受講者各自が弊機構へご提出いただく形、いずれも可能です。

④ セミナー当日

会場における感染症対策について
受講生の皆様に安心して実技教習をご受講いただくために、感染しない・させない対策として以下のような取り組みを実施します。

(例)

開催都市以外の都市から移動して参加される方も受け付けております。

資格取得についてお気軽にご連絡ください

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-0610-64

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

公益財団法人
日本ケアフィット共育機構

【東京】
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-2-6 三崎町石川ビル2階
TEL:03-6261-2333(フリーダイヤル 0120-0610-64)【土日祝日除く9:30-17:00】
FAX:03-6261-2334

【大阪】
〒542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋5F・6F
TEL:06-6251-6101【土日祝日除く9:30-17:00】
FAX:06-6251-6102

このページの先頭へ