導入企業 株式会社日装様

サービス介助士導入事例紹介 株式会社日装様

掲載日:

株式会社日装様

【企業プロフィール】

株式会社日装 様

塗装工事業から創業し大規模修繕工事専門業者として今年62期目を迎え、マンション、ビルの大規模修繕工事や耐震工事、設備工事を通して、居住者の方々に快適な暮らしと安心・安全をお届けしております。
公式HP https://www.nisso-x.co.jp/(外部サイト)

ご担当者様の声

サービス介助士導入に至った背景

社会では高齢化とよく言われますが、マンションのような建物も同様、高寿命化が進んでいます。
そういった中でより快適に暮らせる環境をご提案するのが大規模修繕工事です。
より快適に、より住みやすい建物であり続けるためにご提案する大規模修繕工事が「押し付け」になってしまったらご迷惑になりかねません。居住者様のニーズを本当の意味で理解し、居住者様の目線で、工事のご提案ができているのか?そんな疑問から生まれたのが「サービス介助士」資格の導入、全社員取得です。
今ではサービス介助士資格が掲げる「おもてなしの心」を持って、どのようなことに困り、どのようなことに不自由を感じているのかをしっかり理解した上で工事のご提案をしています。

サービス介助士資格取得者について

2007年から社員全員に対して「サービス介助士」取得に取り組み始めました。現場担当だけではなく、社長、役員はもちろん内勤社員も含め全社員が取得しています。

POINT1 全員がサービス介助士の資格を保有

社員の方々がサービス介助士を取得されてからの変化など、担当者様から何か感じることはございますか。

内勤業務の為、居住者様への「おもてなしの心」を持って接する機会はありませんが「サービス介助士」の取得を通じ、「相手の立場に立って考える事」という当たり前なのに難しいことへの意識が高まりました。

サービス介助士をPRするために行っていることはございますか。

ホームページの掲載と、営業担当は社章と共にサービス介助士のバッジを胸にお客様先へ訪問しています。また、工事を検討されているマンションの居住者様へ行う工事説明会の資料にも掲載し、安心して工事をお任せください!というPRもしています。

株式会社日装様オリジナルのサービス介助士バッジ

これからはどのようなサービスを目指したいですか

建設業界では「サービス介助士」資格はまだあまり浸透していないと聞きました。
業界全体でもどんどん「サービス介助士」資格が浸透し「おもてなしの心」が浸透して行くと良いな、と思います。弊社としては今後SDGsの取り組みと併せ、人にも環境にも優しいサービスを引き続き提供していけるよう取り組んで行きます。

サービス介助士を取得された社員の方々のお声

サービス介助士資格取得講座を受講しての率直な感想をお聞かせください。

今まで気づかなかったことを意識させてもらえるようになりました。

介助が必要な方の気持ちを学べる講座で、介助をする側とされる側が寄り添い合えるものだと感じました。

受講された実技教習の中で印象に残っている内容をお聞かせください。

車いす実技、実際に体が不自由になるおもり等を付けての体験(高齢者疑似体験)をしたことです。

サービス介助士資格取得後、日常業務で環境面(ハード面)に関する新たな気づきはありましたか。それはどのような気づきなのか教えてください。

電車の駅前等で、古い建物ではエレベーターの設置位置や台数の少なさを感じます。

視覚に障害のある方への配慮として、エレベーターや電卓、パソコンのキーボードにある突起部を意識しました。

サービス介助士資格取得前と後での心境の変化はありましたか。それはどのような変化でしょうか。

資格を持っていないときより、ご高齢の方や視覚に障害のある方に対してスムーズに対応できると思います。

自分からの視点、一方向からではなく、高齢者などからの視点を同時に意識するようになりました。

車いすご利用の方や障害のある方へ配慮しようという気持ちが芽生えました。

作業区画の明確化

ガードマンの配置

視覚に障害のある方や車いすをご利用の方にもわかりやすく作業区画を明確化。ガードマンを配置し安全に往来できるよう努めている

サービス介助士を取得して良かったことや感じたことはありますか。

現場作業の高齢者への対応において、サービス介助士を持っているということで、「このような資格をお持ちなのですね」と興味を持たれ、相手が身構えない場面に多く遭遇し、コミュニケーションをとるハードルが少し低くなった(対応しやすくなった)と思います。

お手伝いをする際に、どのように接すればよいかなど戸惑う場合もあるが、サービス介助士を取得したことで声をかけやすいと思います。

障害のある方が不便に感じていることなど、普段生活している中で、周りに注意がいくようになったことです。

日常業務において資格取得したことを活かせた場面はありましたか。

マンション修繕工事の代理人をするうえで、お知らせ文を作成するときに、障害のある方にも配慮した文書を作成しようという気持ちの変化がありました。

自宅で親御さんを介助されている方々への理解度や言葉のかけ方が変わったように思えます。アポイントを取る際も、そのような環境にいる方への対応を考えられるようになりました。

妊婦の方に席を譲ったこと、電車で具合の悪い方がいたとき、非常停止ボタンを押して車掌に連絡し、対応したことです。

視覚に障害のある方への声掛けや誘導、駅構内で明らかに進んでいる方向が行き止まりだったため、声をかけ改札外まで同行させていただきました。

植木の移動

ベランダの工事の際は網戸の取り外しや植木の移動をお願いしているが、対応が困難な居住者様には代理で社員の方が対応することもある

安心と真の関わり合い

大規模修繕工事では居住者の皆様お一人お一人との「安心と真の関わり合い」と「おもてなしの心」を大切に取り組んでいる

大規模修繕工事という、住み慣れた居住空間の工事を手掛ける中で、いかにしてお客様が快適に暮らせるのかを日々考えられているのだと思います。どのようにしてお客様に満足してもらうのかを考える際、また実際にお客様と関わる際、そして工事を行う際の環境面まで、日々の業務において相手に寄り添った応対方法を考えるという、サービス介助士の学びを大いにお役立ていただいているようです。社員の皆さまはご取得後、意識変化もあったようで、業務を行われる中ではもちろん、日常生活においても周囲への気づきを得ていただいているようですね。 それぞれの住環境は日々を快適に満足して暮らすためにもとても重要なものです。そんな住環境の工事に携わる皆さまがお客様に寄り添った対応を行ってくださることで、安心や信頼へとつながるのではないでしょうか。 多様なお客様と接する日々の中、今後もサービス介助士の学びを大いに活かしていただければと思います。

サービス介助士について詳しくはこちらをご覧ください

サービス介助士

このページの先頭へ