04

障害のある人も楽しめるバリアフリーな映画館
日本で唯一のユニバーサルシアター CINEMA Chupki TABATA【前編】

CINEMA Chupki TABATA

視覚や聴覚に障害のある人も楽しめる映画館

今日は休みだから、映画でも見に行こうかな。
そう思って休日、映画館に足を運んだことはないでしょうか。今日の映画は良かったね、あの映画オススメだよ!と友達との会話も弾みます。当たり前のように楽しい時間を過ごしている私たちですが、障害のある人がどうやって映画を楽しんでいるのだろうと考えたことはありますか。
今回は東京都北区東田端にある日本で唯一のユニバーサルシアター、【CINEMA Chupki TABATA】を運営されている、「バリアフリー映画鑑賞推進団体City Lights」代表、平塚 千穂子さんに映画館設立のきっかけから今後への思いをお話いただきました。

平塚さん

- 映画館設立のきっかけを教えてください。

平塚さん設立の経緯は、2001年から「バリアフリー映画鑑賞推進団体City Lights」というボランティア団体で視覚に障害のある方への、映画鑑賞環境作りをやってきましたがまだまだ商業ベースでは鑑賞の機会が少なく、じゃあ自分達で作っていこうと思ってやってきました。そして映画祭や上映会をやっていく中で、やはり常設のバリアフリー映画館を自分達で作りたいという夢ができ、色々な方々の協力のもと、上映スペースを開設しました。
しかしそこでは法律の兼ね合いもあり毎日映画を上映する映画館としては認められなかったんです。そこの退去をきっかけに常設の映画館として運営できる物件を探し、いまにいたります。
現在のシアター設立の際、せっかくであればと視覚に障害のあるお客さまだけではなく、聴覚に障害のある方や、さまざまな障害のある方の映画鑑賞環境を作りたいという思いがでてきました。聴覚に障害のある方が日本映画を鑑賞するとき、字幕がついていないから見られない、小さい子どもがいると中々静かに見る映画やコンサートは行きにくい、色んな声があがる中で、じゃあどうしたらいいんだと考えたとき、全ての人が楽しめるためのユニバーサルな空間を作ればいいんじゃないかということで、ユニバーサルシアター【CINEMA Chupki TABATA】を設立しました。

平塚さん

- 映画館の名前の由来は何ですか?

平塚さん映画館の名前Chupki(チュプキ)は、アイヌ語で自然界の光を意味する言葉です。視覚に障害のある方にとっての光というのは誹謗の象徴でもあるかもしれません。ただ自然界の光、その光に集まれば、障害があるとか外側の肩書きに関係なく皆繋がっていけるんじゃないか、そういう思いをこめて、帰ってこれる、安心できる意味をこめて名づけました。

待合スペースの壁画

※待合スペースの壁画に描かれた葉っぱには、映画館設立に協力してくださった方々のお名前が書かれています

- 配慮している点(ソフト面、ハード面)について教えてください。

平塚さんまず当館では障害者割引をしていません。ユニバーサルシアターなのに障害者割引がないの?と疑問視されましたが、私たちが考える障害というのはその人本人にあるのではなく、周りの環境であったり社会にあるという考え方をしているので、この映画館の中は障害がない場所にしたかったという思いがありました。なので障害がある方も一般料金で鑑賞をしていただいています。他の映画館や他の施設で障害者割引をしているのは鑑賞ツールや鑑賞環境が整えきれていないからだと思うのですが、そこはすべて整えるという気持ちで私たちはお客さまをお迎えしているんです。

視覚に障害がある方への配慮

イヤホンジャックと抱っこスピーカー

常時どの作品にも、イヤホン音声ガイドが聞けるように全席にイヤホンジャックをつけています。


聴覚に障害のある方への配慮

日本映画に対しても、日本語字幕は全て表示したり、メガネ端末で見ることができる最新の機器の導入や音を振動で感じられる抱っこスピーカーの貸し出しもしています。またお年を召して、聞こえにくくなった方から映画の音をイヤホンで大きくして聞きたいという申し出があれば貸し出しをしています。


車いすご利用の方への配慮

館内をオールフラットにし、シアターの後方にスペースがあって、そこはイスが可動式なのでどこでも好きなところで鑑賞できます。


発達障害のある方への配慮

長時間静かにしているのが苦手だったり、多動症などで落ち着いて映画がみられない発達障害のある子どもにはお母さんと一緒に親子鑑賞室で一緒に鑑賞することも可能です。

親子鑑賞室

※ぬくもりのある、親子鑑賞室

精神や知的に障害がある方への配慮

「poor aid」(プア エイド)という制度を設けています。当事者の方に何に一番困っていらっしゃるかを聞いたら「就職率が悪いこと」だと言われました。
精神に障害のある方だと職場のコミュニケーションが難しく、難色を示されたり、なかなか就職がしにくい、障害が理由で経済的に苦しいという方もいらっしゃいますので、そのような方には何らかの割引をすべきだと思ったんです。
ただ障害者割引という名前ではなく、「poor aid」という名前をつけて、障害者手帳を見せていただいた後、「poor aid」をお願いしますと言っていただければ1000円で鑑賞できる制度を作りました。

また、視覚に障害がある方の中には、同行援護を頼まれるお客さまもいらっしゃるのですが、利用者の方が同行する介助者の費用負担をされていることが多いです。移動費や飲食代、映画鑑賞代なども倍の金額を支払っているので、結局割引といっても何も変わりません。
ですので、当館では「ヘルパーパスポート」というものを発行し、利用者の方にお渡ししています。パスポートを見せてくださるとヘルパーさんの分は無料にしますよというパスポートです。このパスポートがあると、ヘルパーさんもそのような制度がある映画館なんだと安心してご来館いただけますし、凄く喜んでくださっています。


後編ではお客さまから言われ嬉しかったことや、社会の現状を見て今後の映画館のあり方などをお話いただきます。乞うご期待!

CINEMA Chupki TABATA

【CINEMA Chupki TABATA】(シネマ・チュプキ・タバタ)
http://chupki.jpn.org/(外部リンク)
JR山手線「田端駅」北口から徒歩5分
〒114-0013 北区東田端2-8-4 地図(外部リンク)
TEL & FAX 03-6240-8480


このページの先頭へ