認知症

高齢者人口率が28%を超える超高齢社会の現代日本では認知症に対する課題は切っても切り離せないものです。
これまでの認知症の患者数や統計などを紹介しながら認知症について分かりやすく記載していきます。
平成29年度高齢者白書によると、2012年は認知症患者数が約460万人、高齢者人口の15%という割合だったものが2025年には5人に1人、20%が認知症になるという推計もあります。このような社会において認知症であってもなくても暮らしやすい共生社会とは何かということを記事から紹介していきます。

このページの先頭へ